赤ちゃんの肌は弱い!なるべく早く紫外線対策を始めよう!

紫外線はデメリットの方が多い

日焼け対策をせず真夏の日差しの強い中、外出をしたら子どもが日焼けをして肌が真っ赤になりました。

真っ赤になってしまったので保冷材をタオルで巻いてで冷やしたのですが、効果はほとんどみられませんでした。

真っ赤になるのが落ち着いたかと思うと、肌が一気に荒れてしまいました。

皮膚科を受診して、薬を処方してもらい、子どもは大人よりも肌が薄く、新陳代謝も良いのですぐに肌が荒れてしまうと教えられました。

昔の子どもは「ひなたぼっこ」とか「太陽をいっぱいに浴びる」と言われてきましたが、今の子どもは「紫外線対策をしっかり行うことが重要」だそうです。

「太陽に当たってカルシウムを体内で合成する」ので全く太陽に当たらないのはよくないのですが、紫外線が体に及ぼす悪影響をしっかり把握して対策をしなければならないと教えられたからです。


肌に優しい日焼け止めが基本

外出の際は首元まで日よけのある帽子をかぶること。

真夏の強い日差しの下で長時間過ごすときは肌をさらさない長袖を着ること。

そして日焼け止めをしっかりつけることです。

日焼け止めは皮膚科専門医の先生に勧められたものを使っています。

具体的にいくつかの種類のものを提案してもらいましたが、赤ちゃんの肌は刺激に弱いため、基本的には肌に優しいものであることが前提でした。

そのため、肌に悪影響を与えかねない紫外線吸収剤やシリコンが使用されていないもの、さらに洗う時に刺激にならないようにお湯でも落とせるものを探しました。

小さな子どもの肌はデリケートなので日焼け止めによって肌荒れを起こすのは絶対に避けたいと思ったからです。

香りのあるタイプも販売されているようですが、私は無香料を選びました。

香りの有無で嫌がることもあるだろうなと思ったのと、私も化粧下地として使用するのに無香料の方が良いからです。


トラブルもなく日焼けで真っ赤になることもなくなりました

子どもに「日焼け止めをつけるよ」と声を掛けて塗ってあげると喜んで触ってもらうのが嬉しいのか喜んでいるように思えます。

肌になじみがよく、さらにのびがよいのでとても使いやすいです。

子どもも肌荒れをしたことはありません。

安心して使える原料だということと我が家の子どもの肌に合っているからでしょう。

本当によかったです。

私としてはもっとSPFが高いものの方がいいかなと思うのですが、肌への負担を考えるとSPF20以下くらいが良いのかなと思います。

つけ心地がよいので子どもたちも喜んでつけるのだと思います。

べとべと感であったり、肌が乾燥をするようであるとつけたがらないと思うからです。

お湯で落とせるものをを使用して以来、日焼けをして肌が真っ赤になることはないし、日焼け止めによる肌トラブルもありません。

今の時代、紫外線対策は必須ですから、赤ちゃんに日焼け止めを付けるのは賛否があるようですが、早いうちに対策をしてあげるべきだと思います。

↑ PAGE TOP