敏感肌を持つ赤ちゃんに使っているお気に入りの日焼け止め

乳児湿疹がひどかった

うちの赤ちゃんは、産後2か月目くらいから乳幼児湿疹が出て、肌がひどい状態になってしまいました。

小児科から塗り薬を処方され、治療していましたが、夏が近づいてきたころ、赤ちゃんにも紫外線対策が必要だと育児雑誌で読んで知りました。

地元の育児教に参加した時にも、職員の人から紫外線対策をしたほうが良いと言われ、ますます気になりました。

私の赤ちゃんは肌が敏感で弱いので、どのように対策したらよいのか、小児科に受診した際、かかりつけ医に相談してみました。

すると、医師から、私の赤ちゃんは、肌がデリケートだから、十分な紫外線対策をしたほうが良いと言われました。

衣類や、紫外線を防ぐ日焼け止めも塗った方が良いということで、慌てて紫外線対策グッズをそろえることにしました。


敏感肌でも使えるものがいい

紫外線対策としては、やっぱり日焼け止めが間違いないと思っていろいろ探しました。

育児雑誌を参考にして、ナチュラルサイエンスが販売しているママ&キッズというブランドの、UVライトベールお徳用ポンプタイプを購入しました。

選んだ理由は、毎日の紫外線対策には量が沢山あった方が良いのでポンプタイプを選びました。

この商品は、敏感肌の赤ちゃんにも安心して使える成分が使われていましたし、紫外線吸収剤をカプセルに内包することで、肌に直接触れないようにしてあると説明があったので、肌がデリケートな私の赤ちゃんにもやさしい使い心地だと思い、購入する決め手となりました。

洗い流すときはクレンジングが不要で、石鹸などの洗浄剤でよく泡立ててから落とせば大丈夫ということなので肌の弱い私の赤ちゃんにはぴったりだと思いました。

(今はさらに刺激の弱いお湯で落とせるものを使っていますが、塗り直しなどの手間を考えて少し落ちにくいこちらのものを併用しています。)


紫外線トラブルが無くなった

これは、汗などをたくさんかくと、どうしても取れてしまう為、数時間おきに塗りなおした方が良いと購入の際に、テレフォンオペレーターの人から言われました。

そのため、外出時は常に持ち歩いて、塗りなおしていました。

持ち歩くことが結構大変でした。

肌がデリケートなうちの子ですが、使用後は、新たな肌トラブルもあらわれるなく、問題なく使えました。

日焼けもせず、効果を実感しました。

夏場は汗ですぐに取れてしまうことが多くありましたので、ポンプで購入しましたが、夏が終わるころには3本ほど使っていました。

紫外線対策の1シーズンが終わるまで、金額も合計7千円くらいかかりましたが、肌が敏感なうちの子にとっては、紫外線で肌トラブルを起こしたくないので、必須アイテムとなりました。


TOPページ:赤ちゃんの肌は弱い!なるべく早く紫外線対策を始めよう!

↑ PAGE TOP